• 古物温泉3 2014.02.23

    ガラス製の靴型ボタン。

    去年8月のフランス、レースとボタンを集めている女性から譲ってもらった。

    19世紀から20世紀にかけて作られたこの釦、状態がとてもいい。

    フラッと立ち寄った彼女のお店は古い裁縫アイテムでいっぱい。

    しかしながら蚤の市でバラバラで置いてある様ではなく、整った状態で。

    いろんな釦が陳列された棚の端っこにある釦に目がゆき手にする。

    彼女が「それ私も好きなのよ」的なことを言う。

    こんな靴型のものはまだ他にあるのか聞いてみる。

    彼女は言う、

    「花やシェルのものはあるけどこれはないわ」

    他のものと纏めて50ユーロほど手渡した。

    なんとなく、イヤリングにしてみる。

    たったひとつの靴のイヤリング。

    katayama

    古物温泉

    11:32

    Sunday

    2014.02.23

コラム
カテゴリ
アーカイブ