• 2014 イングランドと本屋巡り 2014.09.28

    買付け旅。

    アンティーク雑貨を求めて北へ南へ移動すると、街ごとにかならずと言っていいほど「本屋」がある。

    本屋以外のだいたいの店が17時前になるとその日の営業を終えて閉店作業をしている。(夕飯の準備か、呑みに行くのか、、)

    10分前でもなれば、店スタッフが口で伝えてくる。(ホタルノヒカリ的)

    「5 minutes !」

    しかし本屋はそれ以上の時間も営業している場合がある。

    だから17時までで強制終了させられる仕事の日でも楽しみのひとつになる。


    この日はケントでの仕事を終えて、宿泊先のあるロチェスターの本屋へ。

    裏通りの小道沿いにある「CITY BOOKS」

    本と瓶を扱うお店。

    ここには男か女か分からない容姿の店主がいる。

    ”ムスッ”とした感じでカウンターの中で本を読んでいるが、

    「これいくら?」と声を掛けると笑顔になって ” とても低い声 ” で値段と内容を教えてくれる。

    声は男性だが、スカートをはいている。

    地下へ降りると少しカビ臭い空気が漂う。

    がしかし、階段脇のスペースの奥に古いペーパーの山があった。

    ここでの戦利品は フランクパターソンの絵 。

    ここは地下を掘るといいものに出会えるお店。

    北へ140マイル。ノーフォークの目的地へ向かう途中、本屋を見つけたので寄ってみる。

    「Old Station Pottery & Bookshop」

    ここは本と陶器のお店。奥に焼き場があってどうも此所で作っているらしい。

    ただ奥へ進めど、しばらく本を漁ろうが、そういえば人が居ない。。

    さらに進むと庭らしき場所がある。

    そこで夫婦仲良く読書をしているのが店主。

    「やあ」

    その一言だけ言われて、また読書をはじめている。

    ここは自由放漫な店。

    「Cheshire Book Centre」

    チェシャーにある膨大な量を持つ本屋。

    隣にキャンプ場があって自然に囲まれた中にある。

    ジャンルが豊富だから' 楽 ' な店なのかもしれない。

    個人的にはここの本はあんまり' 響かない ' 。

    だけどここにあるポストカードが欲しくて、ついリピートしてしまう。

    数十マイルも走り、1ポンドのカードのために来る。

    グロスターからの帰り道。

    トゥックスベリーの街で見つけた店。

    「Cornel Books」

    古い地図が沢山おいてある。

    ここは細い通りに本がぎっしり。

    なので立ち読みしてるとすれ違う度に

    「すいません」

    と言葉を交わす。

    人情味のある本屋。



    どこの店も表情がちがう。

    ただいずれも、とても楽しい。


    katayama

    旅記

    22:39

    Sunday

    2014.09.28

コラム
カテゴリ
アーカイブ