• シェトランドから温かなニットが到着しました。 2015.10.13

    10月11日。

    西谷地区にある スペイン料理店 el manoさん とイタリア料理店 grossoさん 2軒の店先&店内を舞台にした、

    西谷マルシェに出店してきました!

    野外出店は今回で2回目。

    今回のスタッフはお手伝いに来てもらったみほさんと私と二人で参戦、

    肌寒くなってきたのでアイルランドから届きたてのものをピックアップしました。

    10時からのオープンを前に続々とお客さんが来場。

    小松からいらっしゃったパン屋さんのメティサージュが行列行列!

    とても並べそうにないのでオーナーに並んでいただいてお昼の分を買っていただきました。

    お店でお会いする方々もたくさんいらしてましたね。

    皆さん満喫されてて楽しそうでした。

    あいにくの天候で途中雨に降られ、わたわた しながら撤収したり

    止んだから戻したらまた降ってを繰り返したり、

    さらに突風は吹くはでテントが飛ばされそうになり必死で抑えてたり。。

    いろんなハプニングがありましたが、最終的にはとっても楽しく、無事に終了したのでした。

    いつもとは違った環境での販売を通して

    はじめましての方との出会いだったり

    野外の空気感だったりがとても新鮮で充実した一日となりました。

    時にはこういう機会もいいですね。

    足を運んでいただいて、本当にありがとうございました。


    kosaka




    こんにちは、ここからは片山です。

    マルシェありがとうございました。

    みなさん楽しそうでしたね。

    だいぶ寒くなってきたので少しでも暖かいものを、とご用意させていただきましたがいかがだったでしょうか。

    欧州から届きたてのニット小物、この秋冬に包まれてもらえると本望です。

    毎年1月、ベルカルテのニットを探しにアイルランド、スコットランドに旅をします。

    今あるニットたちも、そんな土地から届いた温かみのあるものばかりです。

    昨年、自分の力不足ながら届かなかった唯一のメーカーがありました。

    今日紹介するのは、今年は無事に届いた念願のジャミソンズニットウェアのご紹介です。

    ジャミソンズはスコットランド、シェトランド諸島で最も古いニットメーカーです。

    英国伝統フェアアイルの代表といってもいいですね。

    ここのニットは本当にあったかい。

    どうしてもベルカルテにこの温かさがほしかったので再度訪問。

    2年かかってしまいましたが無事に到着しました。

    Jamieson's Knit Wear

    Scotland

    19,000 + tax

    まずはカラフルなプレーンクルーネック。

    この3色はブラッシング加工をしていただいたので、あえて毛羽立たせています。

    あったかい素材にさらにフワフワ感を。

    暗めが多がちな秋冬の季節、こんなカラーはとても素敵ですね。

    Jamieson's Knit Wear

    Scotland

    18,800 + tax

    そしてこちらはカラーミックスクルーネック。

    ベースの色に、それぞれ数色混ぜて作っていただきました。

    シックな雰囲気がお好みの場合は、このタイプがいいですね。


    あったかい物に囲まれていると、なんだか顔がほころんできます。

    シェトランドニット、寒い季節にほっこり。

    いかがでしょうか。

    それでは。

    katayama




    「テハマナの革仕事 秋冬展」10 / 16(金)より始まります。

    素敵な鞄にもかこまれる5日間です。

    お楽しみください。

    Wear

    21:00

    Tuesday

    2015.10.13

グッズ情報
カテゴリ
アーカイブ