• 春の一歩目は SHOES LIKE POTTERY 2016.02.23

    こんにちは。

    まだまだ寒い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか。

    最近は散らつく雪も少なくなってきて、気温の上昇気配が感じられますね。

    時に覗く日差しはポカポカと嬉しくなります。

    まだまだ多くはないですが、心の中では待ちわびながら、身は少しずつ春モードへ変化です。

    2年前、ひとつのスニーカーを手にしました。

    SHOES LIKE POTTERY(シューズライクポタリー)

    素朴な見た目 と 履きやすさ。

    最初の率直な感想です。

    いつかこの品をベルカルテへ。。

    そんな想いがようやく叶いました。

    SHOES LIKE POTTERY Low

    Japan

    ¥8,500 + tax

    シューズライクポタリーは、福岡久留米の老舗メーカー「ムーンスター」が手がけるスニーカーです。

    靴作りの最終工程で、釜に入れてゴムと硫黄を化学反応させる「ヴァルガナイズ製法」によって仕上げられています。

    ローテクのスニーカーは、長期履いていくとゴムが剥がれたり、足が疲れやすいイメージがありました。

    でもこの製法によってポタリーは、ソールがとても柔らかいので馴染みやすく、しなやかな動きが足の動きに対応してくれます。

    そしてゴム糊というもので貼り合わせしているので、剥がれにくい上に劣化しにくくなっているのです。

    ナイスですね!

    さらにデザイン、目を引く水色のソールとシーリング。

    デニムにチノにスカートに。。

    すべての足元を格好良く飾ってくれる。。

    そんな相棒になりそうです。

    サイズは 22.0 〜 27.0 のユニセックスで始めます。

    自分は通常 26.5 を履きますが、ポタリーの場合は 26.0 でジャストです。

    チエさんは通常 23.5 〜 24.0 、ポタリーは 23 を選択です。

    Black Low

    SHOES LIKE POTTERY Hi

    Japan

    ¥8,900 + tax

    ローカットとはまた一味違うハイカットもいいですね〜。

    DOEK Low

    Japan

    ¥12,000 + tax

    そしてもう一つ、DOEK(ドゥック)、オランダ語で織物の意です。

    絣(かすり)という古くから織られてきた綿織物を用いた品です。

    「染まった糸」と「染まっていない糸」で織られた生地は、他にはない独特な雰囲気があります。

    ひと言で言うと、「子供っぽくない」と言いましょうか。

    製法はもちろんヴァルカナイズ製法なので、履きやすさ、耐久性は前記の通り。

    そして一番の特徴はコルクインソール。

    スニーカーは長時間履くと湿気を帯びて蒸れてきますね。

    コルクは天然素材で通気性に長けているので、湿気を吸収し、放出を繰り返し、足が蒸れず匂いが生じません。

    また適度な弾性はクッションの役割を果たすので、衝撃を緩和してくれて疲れにくいという利点。

    さらに、断熱性もあるので冬場でも足元は温かです。

    つまりオールシーズンOK。

    素足にも向いています。

    この春の第一歩、どれを選びますか?

    それでは。

    katayama

    Boots,Shoe

    19:40

    Tuesday

    2016.02.23

グッズ情報
カテゴリ
アーカイブ