• 革靴を磨く頃 2016.09.05

    先日、Peter'sという愛用靴を磨きました。

    10年は経ちますでしょうか。

    当時アメリカのクラシックシューズにはまって、1から製作した思い入れのある靴です。

    毎年この季節になると、より出番が増えるのでいつもよりも念入りに磨いてしまいます。

    履いて磨いてを繰り返した結果、今は自分だけの大切な靴。

    そんな大事にしている特別な靴をみなさんはお持ちでしょうか。

    9月に入りまだまだ残暑はありますが、少しずつ秋を感じる物事を見かけるようになりましたね。

    人の装いは朝晩を除いてまだTシャツ姿がちょうど良いですが、とりあえず本格的な秋の準備を小物から。

    足元は革靴に履き替えて、今から馴染ませると程良いです。

    秋から始める特別な一足を見つけてください。

    今年もカルリが到着しました。

    イタリアンハンドメイドの伝統靴。

    メンズライクなプレーンなので、スタンダードなスタイルにとても馴染みます。

    ADOLFO CARLI

    Italy

    ¥26,000 + tax

    60年代、ビートルズに提供していたこともあるカルリは、細身なトラッドパンツにもちろん相性いいですが、

    緩めでざっくりとしたコーデュロイパンツに合わせて緩急をつけるとまた素敵です。

    ADOLFO CARLI

    Italy

    ¥26,000 + tax

    今年はチップ入りが仲間入りしました。

    デニムとの相性抜群です。

    ADOLFO CARLI

    Italy

    ¥27,000 + tax

    お馴染みになりましたメドック。

    シューアンドソウのオイルレザーは馴染み良く、長きにわたって履いていく相棒にもってこいです。

    SHOE & SEWN

    Japan

    ¥34,000 + tax

    こちらはブーツタイプ。

    秋、冬…と活躍する足元です。

    SHOE & SEWN

    Japan

    ¥40,000 + tax

    そしてサイドゴア。

    つま先が立ちすぎず、丸すぎないフォルムがこのカルリにはあります。

    イタリアシューズは角度がついているものがよくありますが、

    この程よいカーブは格好良すぎないという良さを持っています。

    ADOLFO CARLI

    Italy

    ¥30,000 + tax



    10年後をも共に付き合う革靴、

    出会えるといいですね。

    それでは。

    katayama

    Boots,Shoe

    21:00

    Monday

    2016.09.05

グッズ情報
カテゴリ
アーカイブ