• JOHN BRANIGAN の温かさ 2017.10.25


    こんにちは。

    今日は天気がいいですねー。

    秋風がそよそよ、お天道様でぽかぽか。

    台風一過、とても気持ちがいいです。

    先日の台風は大きかったですね。。

    ベルカルテ店内も裏から浸水して、一部水浸しに。

    被害は最小限にて事無きを得ましたが、自然災害は本当に怖いです。

    強い気持ちで向き合いながら、今日も1日元気に生きたいと思います!

    さて、

    ここ最近の気温の低さで、ほっこり温かなニットに手を伸ばす日々。

    やっぱりいいな。。とあらためて実感するアイルランドニット、スコットランドニットに囲まれて

    皆で楽しい時間を過ごしています。

    今日の題目はそのひとつ、「 JOHN BRANIGAN 」

    ベルカルテの冬の季節、毎年身体を暖かく包んでくれるアイルランドの大切なブランドです。


    かつて古着の世界で出会った欧州産のニット。

    アイルランド、シェットランド、アラン、フィッシャーマンなどなど。

    織りネームに表記されるそれらの名前を、私は当時表面上で理解していた事から始まりました。

    そこから時を経て、手元に残っていくニットは欧州製。

    品質の良さは使用していく経過、のちの状態が全てを物語っていました。

    ベルカルテを通し旅を始める時、また聞いた師からの「アイルランド」のキーワード。

    疑いの余地はなく、点と点を繋いでルートとなり、今ベルカルテにとっての大切な地と品々になっています。

    ニット産業が盛んなアイルランドの地。

    毎年特別な温かさを求めて通っていますが、

    そこで出会った「 JOHN BRANIGAN 」

    100年以上続く老舗のニットファクトリーのひとつです。

    まずは軽さ、そして温かさ。

    ブラニガンの良さは一度手にしていただければ、伝わると思います。




    ノーカラーはちょっとしたカーディガンのよう。

    フロントを外して軽快に、ボタン使用でシックに防寒を。

    JOHN BRANIGAN Vコート

    Ireland

    ¥27,500 +tax


    今年もステラのチェスターを作っていただきました。

    程よくワイドなシルエットが身体に優しく、着心地いいです。

    柔らかな格好よさ、と言いましょうか。


    着丈は膝上くらい。


    JOHN BRANIGAN チェスターコート

    Ireland

    ¥28,000 +tax


    こちらはツイード柄が引き立つミドルコート。

    車社会の福井の地には扱いやすい形のひとつです。


    ボトムバギーとの相性いいですね。




    JOHN BRANIGAN Vコート

    Ireland

    ¥25,800 +tax


    風が冷たい時間は肩を温めて、


    温かな時間はすぐ脱げる気軽さです。


    角度のあるレイヤーがしっとりとした格好良さ。


    ベースと場面によって変えれるパターンは嬉しいものですね。

    保温しながら適したコーディネートをお楽しみください。


    JOHN BRANIGAN ケープコート

    Ireland

    ¥13,800 +tax



    温かさで皆が笑顔になりますように。

    katayama



    <11月のベルカルテ>

    11 / 3(金)- 11 / 7(火) 「霜月のパール」emme展

    11 / 12(日) 「West Valley Marche」西谷マルシェ

    詳細は後日に。

    Wear

    20:00

    Wednesday

    2017.10.25

グッズ情報
カテゴリ
アーカイブ