• エプロンのある生活 2018.05.14

    エプロン

    調理の時、掃除の時、靴磨きの時、などなど。

    洋服を汚さないようにカバーする大切なアイテム。

    ベルカルテのスタッフはおもてなしの意味を込めて、制服としてエプロンを着用しています。

    形の好みは皆それぞれ、

    体全体をカバーする長めのもの、肩が凝らないように肩幅が広いもの、腰巻きタイプのギャルソンスタイル。

    目的、効率に合わせて気軽に色々楽しめます。

    色、素材もいろんな物がありますね。


    フランス、19世紀のリネン生地をリメイクして作ったエプロン。

    肩凝りの方には嬉しい幅広タイプ。

    生地はしっかりとした厚地。

    使って洗ってを繰り返して、擦れた経年変化が年々楽しめそうです。


    当時染色されたカラー。

    こんな黄色も明るくていいですね。


    French Vintage Remake Apron

    1880's French Cloth

    ¥12,800 + tax


    fog linen work Salon Apron

    Japan

    ¥6,800 + tax

    フォグのキレイなサロンエプロン。

    フォグのリトアニアリネンは何と言っても扱いやすさ。

    雑に使って洗濯機でジャバジャバ洗濯。

    柔らかくなっていく風合いがとても優しい日常使いエプロンです。


    fog linen work Full Apron

    Japan

    ¥4,700 + tax

    着丈が長めのフルエプロンに新色ストライプが仲間入りしました。

    白いシャツにグレーベースの縦ストライプ。

    なんだかできる感じがしますね〜。


    Yarmo Work Apron

    England

    ¥9,500 + tax

    イギリスにて100年以上、伝統的なヤーモのワークエプロン。

    このストライプは「ブッチャーストライプ」と呼ばれています。

    当時からイギリスのお肉屋さんが身に付けていた伝統的な柄。

    柔らかい着心地で肌さわりの良いコットン、ポケットも大きく機能的。

    男女兼用にも行けるので用途が広がりそうですね。




    佇まいがなんだか格好いいです。


    エプロンを着けながらちょっとお出かけ。。なんて普通のこと。

    でもこれはそもそもがワンピース。

    エプロン型のワンピースなんです。


    前から見たらまるでエプロン、後ろに振り返るとギャザーが可愛いワンピース。

    ワークブランドのヤーモ、生地の丈夫さはもちろん、とっても軽くて動きやすいです。




    後ろのギャザーは調整可能。

    合わせるトップスによってアレンジできます。


    お出かけに。


    家の中での作業はそのままで。


    Yarmo Apron One piece

    England

    ¥23,000 + tax


    French Vintage Linen Apron

    1950's France

    ¥9,800 + tax


    気軽に様になるギャルソンタイプ。

    インディゴの程よい色落ちがとてもいい雰囲気です。

    胸元までは汚れない時はこのタイプがおすすめですね。


    フランスの1950年代、花柄のデザインが可愛い一枚です。

    アシンメトリーの裾、着丈の始末はパイピングフリル。

    ちょっとしたところにこだわりが垣間見えますね。

    こんなエプロンで飲み物が出てくるんでしょうか。。可愛いです。




    French Vintage Apron

    1950's France

    ¥8,800 + tax


    French Vintage Apron

    1950's France

    ¥8,800 + tax


    和の雰囲気にも見えるのはフランスのアーティスティックな特徴でしょう。

    ふわりと広がるパターンがなんとも言えない素敵さです。


    衣類を守るための "道具" エプロン。

    いろんなパターンをいろんな場面で。

    楽しいエプロンのある生活を。

    katayama

    Wear

    21:00

    Monday

    2018.05.14

グッズ情報
カテゴリ
アーカイブ