• 春の衣にアンティーク 2019.02.26

    春を感じる時間が増えてきました。

    装いを少しずつ明るく、クローゼットの並びも軽めが前に。

    ミモザのキレイな生花、蕾の桜を活けてみたり。

    ベルカルテには新たなアンティーク、ビンテージジュエリーが並び始め、

    いろんな春の衣に合わせてイメージしています。

    ファッションが楽しい時です。


    シャンブレーブルーにシルバーレース。


    本当のレースではなく銀細工 " フィリグリー "

    細い銀線を用いて造られる、まるでレースのような品。


    ひとつのデザインのようにブローチをなじませる。

    素敵な個性です。


    Filigree Brooch

    1920's England

    ¥12,000 + tax


    マーカサイトのさりげない輝き。


    ダークカラーのまま、相性のいいマーカサイトイヤリング。

    ダイヤモンドの代わりに使われた時もあった、深く光る石。

    パールが柔らかさをもたらしてくれて、いいバランスで耳元にいてくれます。


    Marcasite Screw Earring

    1940's England

    ¥9,000 + tax


    ヒラヒラと舞い降りた一枚のリーフのよう。

    こちらもダークカラーの中で映えたいち枚、いえ、ひと品。


    北欧の古きシルバーメーカー、デヴィッド・アンデルセン。

    北欧らしいカービング、程よくくすんだシルバーカラーとキレイなエナメルとの調和、

    見た目よりも合わせた時の印象がとても良いです。


    David Andersen Enamel Brooch

    1955 Norway

    ¥18,800 + tax


    耳元にも。


    エナメルの輝きは、晴れてる日と曇っている日では見え方が変わると思います。

    天気によって合わせる洋服が変わっても、表情豊かに楽しませてくれるアイテムです。


    左右逆に付けるとまた印象が変わるクリップイヤリング。


    David Andersen Crip Earring

    1955 Norway

    ¥15,800 + tax


    春らしい白衣の中に暖色をひとつ。


    2枚のリーフがループしてひとつのモチーフに。


    David Andersen Crip Earring

    1955 Norway

    ¥15,800 + tax


    今日の気分は…


    9K Gold Filigree Motif Spinel Pierce

    1982 London

    ¥22,000 + tax


    先のフィリグリー技術をもって造られた純金の小さなピアス。

    センターのスピネルは黒く見えて、光が入るとブルーに輝きます。

    小さな蕾がパッと咲いた花のように、笑みが溢れるような可愛らしい存在です。


    肌馴染みのいいゴールド、こんなさり気なさは白はもちろん、場面が多いでしょうね。


    9K Gold Tie Pierce

    1960-1961 Birmingham

    ¥15,000 + tax


    まるで結ったようなゴールドのみのピアス。

    自然と出来る陰影がコーディネートを締めてくれる、とても効果的なデザインです。


    ただキレイなデザインは女子感が強すぎるので、

    こんなサックスブルーのキレイなカラーにタイモチーフは最適。


    馴染みいいですね。


    18K Gold Plain Ring 14号

    1912 Birmingham

    ¥36,000 + tax

    中指に極細の14金ゴールドフィルド、人差し指に18金のフラットなアンティークプレーンを。

    ブラックギャザーをリングで纏めるかのように、凛とした女性を創ってくれます。


    パステルブルーとパールカラーの調和。


    同調のフラットプレーンリングに5つのシードパール。


    15金以上のカラーは時にいやらしく見える事。

    指に沿う厚みが主張しすぎず、落ち着きを感じます。


    15K Gold 5 Pearl Ring 13号

    1879 Birmingham

    ¥48,000 + tax


    それから蛋白石オパール。


    パールのホワイトとはまた違う虹色のホワイト。

    ワントーンカラーの装いにはもってこいの石と思います。


    オパールは産地によって放つカラーの強度が変わります。

    カラフルでとてもキレイな物、白身が強く奥にさりげなく光を放つ物など。

    これは後者のタイプのピアス、静かにカラーを解き放ちます。


    9K Gold Opal Pierce

    1989 London

    ¥26,000 + tax


    パール、オパール、並べたくなるもうひとつはシェルカメオ。


    小さく揺れるドロップタイプのピアスです。


    80年代ロンドンで多く作られたバーが曲がるスタイル。

    シンプルでミニマムな見た目になります。

    柔らかな暖色のシェルはこの春の暖かな木漏れ日のようで、

    スッキリしたカラーの衣に優しい印象をつけてくれます。


    9K Gold Shell Cameo Pierce

    1986 London

    ¥20,000 + tax


    カーネリアンの造形リング。


    現行でも作られているカーネリアンリング。

    これは古いタイプの造形。

    ひとつひとつ違うラインが時を経て今尚楽しませてくれます。

     
    Carnerian Ring

    1910-1910 Germany

    ¥4,000 + tax


    何も付けずにひとつだけ大きく、そんな好みもあるでしょう。


    8粒のガーネットを重く見せないひと粒のパールの存在。

    爪留めの土台がこれから咲く花を守ってるよう。

    大きいのにうるさくない、格好のいいトレンチとの相性もいいですね。


    9K Gold Garnet Pearl Ring 12号

    1966-1967 London

    ¥34,000 + tax



    自分だけの1点物の華、どう咲かせますか?

    katayama

    Accessory

    21:00

    Tuesday

    2019.02.26

グッズ情報
カテゴリ
アーカイブ