• はるまとい衣 2019.03.15

    ポカポカ陽気から一転、

    なんだか肌寒い連日

    季節の変わり目、春と秋は油断ならない季節ですね。

    薄着して後悔、、なんて日もあるんじゃないでしょうか。

    室内はカットソー、

    お出かけには薄手のアウターがまだまだ必須アイテムです。

    今すぐパサっとラフに纏える頼もしい羽織もの

    実は続々届いているんです。

    届きたてを今日はさっそくご紹介したいと思います。


    YARMO

    U.K

    ¥33,000 + tax


    シャツのような薄さに軽さ、コートのようにまとえる安心丈、

    願ったり叶ったりのシャツコート、ヤーモより届きました。

    製品洗いで生まれるシワ感が

    くしゃくしゃっと腕をまくり上げてラフに着てもらいたい、そんなコートです。

    移動時でもくるくるっとまとめて手軽に持っていけそうですね。


    黒ボタンがピリリと良いアクセントとなったフロント



    襟元はトップまで留めるとスタンドカラーに

    外すとテーラーカラーに、と雰囲気を変えて着れる嬉しい仕様です。


    サイズ感もゆるりと纏える程なので

    今時期はカットソー、夏間際はTシャツやタンクトップ、

    秋口にライトなニットなど

    3シーズンたくさん着れそうです。


    fog linen works

    Japan

    ¥21,800 + tax


    春らしい淡い水色が涼やかなリネンワンピース

    リネンと言えば フォグリネンワークス より届きました。


    ワークコートのようでワンピース、フロントを開けてコート風に着てみました。


    襟をスタンドさせて女性が格好よく着る、

    私自身としては好きな合わせですが、襟が大きすぎたりしてはダメなんです。

    あくまで控えめな、そんなイメージにぴったりの襟元、

    上品です。


    ハイシーズンが目の前となってきたリネン素材

    呼吸するかのように汗の気になるシーズンでも速乾性があるので

    快適に過ごせますね。



    pub

    Japan

    ¥32,000 + tax

    洋服好きのリピーターさんの絶えないブランド、ピューブ。

    ただただゆるい、とは違った計算されたパターンが年代を問わず指示される理由なんです。

    そんなpubのカーディガンは

    ふんわりとまとう、体を包み込むようなシルエットが上品な印象

    目の詰まった上質なリネンが着込むほどにくったりと柔らかくなっていくでしょう。


    ワンピースにスカート、パンツなど合わせを選ばないシルエットに


    フロントが開きすぎない、上部につけられたボタンなど

    にくい作りです。


    ダークトーンをオレンジやブラウンで緩和する

    春におすすめの色合いです。


    prit 

    Japan

    ¥12,800 + tax

    パキっとしたロイヤルブルーが目を惹くプリットのロングカーディガン。

    コットンの柔らかな素材感はウールにはない優しい肌当たりです。

    定番のようで袖口が長リブ、折り返す仕様がたまらなくかわいいんです。


    裾にはスリットが入っていて動きやすく

    ワンピースのような女性らしいデザイン、

    裾にかけてテーパードのあるパンツやレギンスを合わせて着たい丈感です。


    ちょっとそこまで行ってきます、が

    頼れる安心の一枚ではないでしょうか。



    2シーズンから3シーズン、長期で着れる今時期の羽織ものは

    ありがたい存在。

    素材からデザイン、サイズ感と迷える春の羽織もの、

    どれを手に楽しみましょうか。



    kosaka

    Wear

    12:12

    Friday

    2019.03.15

グッズ情報
カテゴリ
アーカイブ