• 軽快に足元 2019.04.08


    今にも軽快に走り出せそうなスニーカー、ノベスタ。 

    旧チェコ・スロバキア、パルチザンスケという町で1939年、

    ラバーとキャンバスの製品に特化した靴工場が誕生、以来現在まで

    純スロバキア産のフットウエアを一貫して作り続け

    チェコとスロバキアが分裂した後の1992年、

    工場は純スロバキア産スニーカーブランド、NOVESTA(ノヴェスタ)を立ち上げます。

    以来数々のスニーカー、ラバーシューズ、世界中の軍用スニーカーを作り続けた実績があり

    半世紀以上を経ても成長し続けています。


    1960年代当初から残るクラシックモデルを元に

    1988年のソウルオリンピックで、チェコ・スロバキア代表の

    マラソン・競歩用のトレーニングシューズとして使われていた型がベースとなった

    「マラソン」

    驚くほど軽い履き心地と

    圧迫感のないフィット感は長時間履いていてもストレスフリー。

    足裏のアーチにぴったりとフィットするインソールがとても気持ち良いのです。


    ネイビーにベージュ、ライトグレー、

    どこか懐かしい ' ビンテージ感 ' のある一足です。


    履いていく過程でネイビー部分が摩擦などの経年変化によって

    雰囲気良くなっていくでしょうね。


    メンズとレディースサイズ

    玄関にお揃いの足元、いかがでしょうか。


    NOVESTA MARATHON

    ¥20,000 + tax

    色違いにはホワイト。

    ホワイトといっても一筋縄ではいかない絶妙なカラー配色が魅力のノベスタ、

    淡いベージュにグレー、ホワイトの組み合わせが爽快感あります。


    かかととつま先ソールはブラック配色で締める。

    シンプルでありながら計算された一足です。


    SHOES LIKE POTTERY

    Japan

    ¥12,000 + tax

    そしてシューズライクポタリーからも

    新色が届きました。


    目を惹く鮮やかなブルーは

    クチナシの実から抽出した色素により染められた

    クチナシブルーなんです。

    春夏に似合う爽快なカラーですよね。

    ※画像よりもう少しグレーがかった色味です。




    人気だったサンドカラーも再び。

    グレーとベージュを足して二で割ったような

    肌馴染み良い色味です。


    シーリングワックスに見立てたロゴマークが

    アクセントのように映えるサンドカラーは

    特別なコーティング材を使った" PARAVUL COAT "  生地を使用することで

    ゴムとの接着力や防水性を高め、耐久性に優れている仕様なんです。

    永く履いていけそうな頼もしい作りですね。


    SHOES LIKE POTTERY

    Japan

    ¥12,000 + tax

    履くシチュエーションや装い、季節や気候気温によっても変えたい足元、

    届きたてのおすすめをご紹介しました。

    お出掛けをより軽快に楽しみたいこれからの季節、

    ストレスの無い足元にスニーカーという選択

    してみませんか?

    kosaka


    <4月のベルカルテ>

    4 / 19(金)〜 4 / 23(火)「 日々帽子 」mature ha. の帽子展 を開催いたします。

     

    Boots,Shoe

    21:00

    Monday

    2019.04.08

グッズ情報
カテゴリ
アーカイブ